飲み薬と塗り薬どちらがおすすめ?@人気のシミに効く薬

シミ 薬

シミの原因となるメラニンとは

 

シミの主な原因になるのは肌細胞の中で生じるメラニンです。細胞に存在する核が紫外線によって危険にさらされるのを防ぐために、表皮の一番奥にあるメラノサイトでメラニンが作られ、それが周囲の表皮角化細胞に供給されることで肌の奥に紫外線が届かないようにブロックしています。メラニンが出来るのは免疫反応のひとつで、もしも紫外線が細胞の核に入ってしまうと遺伝子レベルでダメージを受けてしまい、細胞の変質を招いてガンなどの原因となります。決して日焼けなどのレベルの問題ではないのです。

 

メラニンは細かく分類するとユーメラニンとフェオメラニンの2種類があり、通常はこれをまとめてメラニンと呼んでいます。ユーメラニンは褐色〜黒色のメラニンで、フェオメラニンは黄色〜赤色の色素を持ったメラニンで、この2つのメラニンのバランスで肌や髪の色が決定します。

 

ユーメラニンは紫外線によって生じる活性酸素を消す作用があり、一方のフェオメラニンは紫外線によって逆に活性酸素を作る性質があります。そのためフェオメラニンの多い白人は紫外線から活性酸素が増加し、皮膚癌が発生しやすいのです。シミが生じるのは、このメラニンが表皮のターンオーバーによって排出出来ずに残ってしまい、色素沈着を生じるためです。紫外線によってメラニンが過剰に作られる状況になると、ターンオーバーの処理能力を上回ってしまってシミが作られやすくなります。

 

ですからシミ対策の基本はいかにメラニンの生成を抑えるかであり、紫外線対策となります。紫外線の多い時間帯の外出は控え、日傘や帽子、日焼け止めなどの対策をしっかり行いましょう。

 

シミの種類と治療方法

 

顔に出来るシミと言っても、いろんな色のシミがあることに気づきます。赤いシミもあれば茶色いシミもあります。これらのシミは、の原因が違うために対策もそれぞれ異なります。

 

赤いシミは太くなった血管が透けて見えることによって生じるシミなのですが、この赤いシミが出来る場合には悪性腫瘍、すなわちガンのもとが付近で生じていて、そこで免疫が戦っているという印です。これが生じる原因は主に紫外線の影響と言われています。こういったものが見られた場合は自然治癒を望むのはリスクがありますので、医療機関を早めに受診するのが良いでしょう。

 

一般的に見られる茶色や褐色のシミは、メラニン色素が原因で生じるシミです。このシミがさらに悪化すると青黒くなっていきます。これも基本的には紫外線などの影響によって肌にメラニンが作られることで生じます。メラニンは通常は肌のターンオーバーで排出されるので色が残りませんが、メラニンの生成が過剰になっていたり、また肌のターンオーバーが乱れがちだとメラニンの排出が生成量に対して追いつかず、そのために色素沈着を起こしてしまって消えにくくなります。対策としてはターンオーバーを整えることや紫外線対策が一番ですが、程度によっては美白用の化粧品などで消すことが出来ます。

 

シミの中にはただのシミではなく、健康上のトラブルを示すサインであることもありますから、どれも同じように対処するのは得策ではありません。正しく原因を理解し対応することがシミ治療では重要です。

 

シミよりそばかすは落としにくい

 

そばかすとシミは何が違うのかというと、基本的には同じものです。しかしながら小さな子どもにそばかすは出来ることが多く、遺伝の影響があると思われます。そばかすは大人になると自然に消えることもあったり、また小さなシミのようなものが広範囲に広がる特徴があることから、普通のシミとは違うものとして扱われています。

 

シミやそばかすは紫外線や加齢によって生じるもので、メラニン色素の沈着で生じるということでは同じです。そばかすは普通のシミよりも落としにくいと言われていて、美白効果が高い成分として有名なハイドロキノンでも薄くは出来ても完全に無くすことは難しいと言われています。

 

現在そばかすの除去に最も有効な方法としては、美容クリニックや皮膚科で行われているレーザー治療となるでしょう。レーザー治療はシミにレーザーを照射し、メラニンを破壊して排出しやすい状態にします。またレーザーによって肌のターンオーバーを促し、メラニン色素の排出を促します。医療機関によってレーザーの効果もまた違ってきます。

 

そばかすは遺伝や体質による部分もあり、完全に予防するのは難しいようです。しかし予防をするのであれば、紫外線対策をしたり、日焼け止めを徹底するなどの対策をすると良いでしょう。一度できたシミやそばかすは、時間をかけてケアしていけばたいていは改善され薄くなっていきますので、根気強くケアしてあげましょう。

 

シミ改善のために運動をしよう

 

美肌づくりのためには、肌の新陳代謝を高めるためにしっかり運動をすることが大切です。肌が荒れやすい人というのは運動不足の人も多いのです。運動をするメリットの最たるものは筋肉の働きを活性化させることですが、これは運動能力を高める以外にも、全身の血流を良くするというメリットを持っています。体の血管は心臓からのポンプ機能だけでは血液を全身に巡らせることは出来ず、全身の筋肉の収縮によって血液がめぐっているのです。特に毛細血管における血行不良は、肌のくすみやターンオーバーの乱れの原因となり、シミの予防や改善に悪影響をもたらします。ですからしっかり運動することによって血行を改善することは美肌のためにも必要不可欠なのです。

 

また運動不足が続くことでリンパの流れが悪くなり、体内の老廃物や疲労物質が増加するようになりますから、それが原因でさらに巡りが悪くなったり、また血色が悪くなったり、ターンオーバーが落ちたりしてしまいます。運動はスタイルづくりにも効果がありますから、やっておいて損はありません。

 

ただしシミ対策で運動をしてシミを作ってしまったら意味がありません。紫外線を避けられる室内での運動が理想的ですが、室内では十分な運動は難しいかもしれません。全身を動かすウォーキングなどの運動が理想的ですが、行うなら夕方や夜などの紫外線の少ない時間帯を選びましょう。

 

あまり激しい運動は、体に疲れが残り活性酸素が増加して老化の原因となります。するとシミなども出来やすくなってしまいますから、運動は適度な負荷で行うようにしてください。

 

シミ対策はすなわち美白

 

シミと言われるものは、細かく分類すると老人性色素斑、肝斑、母斑、そばかす、黒皮症などその種類は様々です。そのため顔にシミができたと言っても、そのシミの種類は皮膚科の専門医が見た場合には複数の種類が混在していることが多いそうです。

 

種類が多いということは、それだけ原因も多くの種類が存在するということです。中でも影響が大きいものとして紫外線が知られていますが、シミが出来る原因はそれだけではなく、時には傷やニキビの跡にシミが生じたり、女性ホルモンのバランスが崩れることで生じるシミもあります。またそばかすなどは遺伝的・先天的素因から出来るものと考えられています。

 

シミが出やすいのは男女別に見た場合には、60歳代までは女性のほうが多く、70歳を過ぎると男性の方が多くなる傾向があります。女性は女性ホルモンの変化によってシミが生じやすくなるため、ホルモンバランスが安定している男性と比較するとシミが出来やすいです。しかし高齢になってくると、紫外線への対策意識の差が顕著に肌の状態に表れ、男性の方がシミが出やすくなります。

 

シミ対策として美白効果のある化粧品が有効とされていますが、シミの原因となるメラニンに作用するものが「美白」の定義となっています。ですからシミ対策と言えば基本的にメラニン対策であり美白になります。シミに美白なんて大げさと思う人もいますが、シミ対策をすることは美白をするということと同義なのです。